歯科検診いくらぐらいでどんなことができるのか

予防歯科って知ってますか

予防歯科

予防歯科の目的は虫歯になることを予防するのが目的です。
予防歯科には2種類あって、歯科医などのプロから様々な知識や指導をうけながら予防処置をおこなうプロフェッショナルケアと、指導うけた内容を踏まえて自宅でおこなうセルフケアがあります。

では、予防歯科のポイントをまとめてみましょう。
1つ目は、フッ素を残すことです。
フッ素は、歯の質を強化してくれたり、虫歯の最近の働きを弱めてくれます。
歯磨き剤にフッ素は含まれているので、歯磨きしたあと少量の水で少ない回数ですすぐといいでしょう。
2つ目は、歯垢除去です。
歯垢は自分でおとすこともできますが、歯垢が進行して歯石になってしまったら歯科医の力をかりないといけません。
3つ目は、虫歯をひきおこす細菌を増やさないことです。
唾液の分泌量が減るのが就寝中です。
なので就寝中は細菌が増える傾向にあるので殺菌剤が配合されているデンタルリンスを就寝前に使用するのが効果的です。

歯科検診

虫歯や歯周病の早期発見が目的なのが、歯科検診です。
歯科検診は、半年に1度の受診が推奨されています。

まずは、虫歯がないか、歯茎に問題はないかみてもらいます。
もちろん、歯周病予防の為にも、歯周ポケットがないかも調べてくれます。
次に、歯垢・歯石の除去をおこなってくれます。
歯石は、歯科医でないと除去はできないので専門的な機械で除去してもらいます。
他には、ブラッシング方法を教えてくれます。
歯並びは、みんな違いますし、歯磨きの癖も人それぞれです。
各自に合った磨き方を指導してもらえるでしょう。
自分の磨き方は、どこが磨けていないか、歯垢がどこにたまりやすいかというのを、染め出しチェックにより目で確認することができます。

また、虫歯や、歯茎の確認だけではなく、舌や頬の内側、口腔の粘膜に異常がないかなどもチェックしてくれます。